収納の基礎知識




お買い物ガイド
5,250円(税込)以上送料無料!
商品到着1週間以内返品OK!
詳しく見る
amazon ペイメント
レビューを書いたらポイントプレゼント
大特価SALE!お得なセール会場はコチラ
スリムマルチハンガー
名入れオプションについて
ハンガーのながしおについて。
お手入れの基礎知識 〜衣類を長持ちさせるために〜
メディア掲載情報

ハンガー通販ながしおホーム > お手入れの基礎知識 > 収納の基礎知識

収納の基礎知識

限られたスペースを有効に活用するためには収納方法を知ることが重要。
ちょっとしたポイントやコツをご紹介いたします。

クリーニングから戻った洋服の収納法

1.すぐにポリ袋から出す

大切なスーツやドレスなどがクリーニングから帰ってきたらすぐにポリ袋から出してください。

よくホコリを防ぐからといってポリ袋をかけたままでいる人がいますけど、あれは逆効果です。クリーニングに使われたベンジンの匂いがついたり、湿気がこもってカビたりする事があります。


2.専用のハンガーに掛ける

ポリ袋から出して針金のハンガーではなく専用のハンガーにかける。
これがいつまでも型崩れさせないための基本です。

スーツやドレスを専用のハンガーに掛けてから、風通しの良いところにかけ、ベンジン臭をとばしてから収納するように致しましょう。

スーツ用ハンガーこちら 


3.長期間収納する場合は衣類カバーを使用する

衣替えなどで長期間クローゼットなどにしまう場合は、専用の衣類カバーを使用することをおすすめいたします。

特に不織布を使った衣類カバーをかぶせることがベスト。

通気性が良いので衣類全体が呼吸できてカビる心配がありませんし、ホコリもつきません。

衣類カバーはこちらへ